手汗の原因の種類についての解説と日常で行える対策方法をご紹介します。

手汗がひどいと人と握手ができなかったり、大事な書類が濡れてしまったりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も少なくありません。そんな手汗の原因としてはさまざまな種類があります。まず精神的要因です。人は不安や緊張などの精神的ストレスを体に感じると交感神経が刺激され、その結果手などの発汗に繋がります。これは多くの人に共通し、誰もが経験することですが、人より緊張しやすかったりあがり症だったりすると、交感神経が過剰に刺激され、多汗症に繋がります。また、肥満も手汗の原因になります。肥満になると体内の脂肪が増えることで体温が高くなります。これは脂肪が熱を体の外にうまく発散できないためですが、その対策として体は汗をかくことで体温を下げようとするのです。さらに、ホルモンバランスの乱れも原因の一つとして挙げられます。実は交感神経とホルモンバランスは脳の同じ部分から指令が出ることで調整されているため、ホルモンバランスが乱れることで交感神経も刺激されてしまいます。その結果、手汗に繋がってしまうのです。このように手汗にはさまざまな原因があるため、まず自分の手汗の原因が何なのかを知る必要があります。例えば精神的要因の場合は、悩みの種となっている事柄を解決したり、精神をリラックスさせることが大切です。そして精神をリラックスさせるためには、自律訓練法が有効です。自宅で簡単に行うことができるため、気になる方は行ってみることをおすすめします。また、肥満が原因の場合はまず痩せることが一番の対策ですが、そう簡単に痩せられるものではありませんし、とっさに手汗を止めたい場合もあると思います。そんな時はツボ押しが有効です。例えば手のひらの真ん中あたりにある労宮というツボや、親指と人差し指の骨が合流する場所にある合谷というツボをいざという時に押すと効果が期待できます。また、腹式呼吸を行うことで副交感神経が優位になるためおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です