子供の手汗がひどい場合の対策

子供はもともと大人よりも汗をかきやすい体質ではありますが、自分の子どもは手汗がひどいのではないかと悩んでいる人は意外と多いものです。
幼いころは大丈夫でも、子供自身もだんだんと手汗の多さを気にしはじめるようになります。

手汗を止める方法としては手術などの方法も考えられますが、副作用もあり、成長途中の子供に手術を受けさせることは、なるべくであれば避けたいものです。
そこで病院に行かなくても自宅でできる手汗をとめる対策として、一番効果があるものは制汗剤を使用するという方法です。

手汗専用の制汗剤の原理としては、過剰に汗を分泌している汗腺の働きを落ち着かせることで、汗の量を減らすというものです。
しかし、子供は大人に比べて肌が弱いということに注意しなくてはいけません。

高い効果が得られる制汗剤は、高い効果が得られる代わりに、肌荒れを起こす危険性もあります。手のひらはほかの皮膚と比べると比較的分厚く強い部分ではありますが、様子を見ながら少しずつ使っていく必要があります。

多くの制汗剤に使われている成分は塩化アルミニウムというものです。
塩化アルミニウムは手汗には効果的と言われていますが、体内に入り、脳まで達するとアルツハイマーなどの原因にもなるといわれています。

大人であれば手に制汗剤を使用したとしてもなめる危険性はありませんが、子どもがうっかりとなめてしまう危険性もあります。そのため子供が使う場合には無添加の制汗剤を使うほうが、安心して使うことができるでしょう。

また、手汗を止めることも大切ですが精神面でのサポートも重要になります。
子どもは自分の手が汗をかきやすいことに気づき始めると、罪悪感や恥ずかしさをもつようになり、その悩みは成長するごとに増していきます。

緊張やストレスは、手汗の量を増やす原因になってしまうので、子どものうちから精神状態を保てるようにする必要があります。
手汗が多いことで今後の人生を悩まないように、親が対策を練るとともに心を支えていきたいものですね。

こちらのサイトで、子供の手汗対策についてまとめられています。
参考にしてみてはいかがでしょうか?

こども手汗バスターズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です